オススメの銀行フリーローンはこちら

なぜ、リボルビング払いはなかなか完済しないのか

・いつまでも返済が終わらない

「リボルビング払い」、通称「リボ払い」は、借り入れ残高に関わらず、毎月の返済額が必ず一定額になる返済方法です。返済額が定額なので「定額リボルビング方式」とも呼ばれています。

毎月の請求額が決まっているので、利用する側としては生活設計が楽になるというメリットがあります。

ですが、リボ払いは利用し始めると、いつまでたっても返済が終わらない感覚に悩まされます。臨時収入などがあって預金口座は潤っていても、リボの請求は何年も続きます。

・リボ払いが完済しない理由

リボ払いの返済がなかなか終わらないのには理由があります。借り入れ残高が増加しても返済ペースが一定なためです。利用すればするだけ完済日が後にずれ込むのです。そして、決して早まりはしません。

ですが、考えようによってはその方がいい方もいるでしょう。携帯料金などのように、毎月請求される項目がひとつ増えたと思えばいいわけです。ただし、利用残高は魔法のように消えたりはしませんし、金利負担は確実に肩にのしかかります。

・繰り上げ返済の効果

さらに、リボ払いでは利息から優先的に返済される「元利均等返済」という方式がよく採用されます。返済額に占める利息の割合が一定なのが特徴です。言い換えれば、元本が減りにくい方式です。

金利がかかる借金の返済は、元本をいかに早く減らすかにかかっています。リボ払い+元利均等はその効果が出にくくなっています。効率的に返済するには、約定返済だけでなく、積極的かつ集中的な返済が欠かせません。ちょろちょろと返済していても、利息分の返済に消えるだけです。

関連記事

    フリーローンの取り扱い会社による違いとは

    カードローンやキャッシングを提供している会社にはいくつかの種類があります。会社ごとにターゲットにしている顧客も違います。会社の種類による特徴や違いなど、なぜそうなっているかの理由も併せて解説していきます。 記事を読む

    銀行がフリーローンの取り扱いを始めたワケとは

    銀行の歴史は明治時代まで遡ることができます。一方の消費者金融などは戦後出来たものがほとんどです。それほど長い歴史を持つ銀行がなぜ今ごろになってフリーローンを取り扱い始めたのか、理由の一端を解説します。 記事を読む

    多く借りると適用金利が低くなっていくのか

    学生時代からキャッシングなどのフリーローンを利用してきた人なら、少ししか貸してくれないのに金利が高かった記憶があるかも知れません。サラリーマンになって時が経ってから申し込んだフリーローンは、多額の利用限度額があるのに金利は下がっていると思うはず。それは時代が変わったせいなのか、考察してみます。 記事を読む

    返済額は毎月一定額とは限らない、知っておくべき返済方式

    フリーローンやキャッシングに限らず、ローンの返済方法にはいくつか種類があります。金利のかかりかた、請求額、入金方法など、いろんな軸で分類することが出来ます。その中で、代表的な返済方法をいくつかご紹介します。 記事を読む

    銀行カードローンは金利が低い

    キャッシングをするにあたっては、金利に注目するようにするとおすすめです。 私は金利が低いとされる銀行カードローンを愛用しています。 金利が低ければ、その分利息にかかる金額が低いのでお得だと思いますし、返済の負担が楽なので安心です。 銀行カードローンは貸し出しているところが銀... 記事を読む

    早く借りたいなら午前中申し込みと情報収集が大切

    カードローンでは、急ぎでお金を借りたいと思う事もたまにあります。そういう時は、やはり時間帯が1つのポイントになるでしょう。それと、事前の確認も大切なのです。 カードローンの申し込みは、やはり午前中が望ましいです。午後に申し込みを行っても、当日中にお金を借りること自体は一応可能です。 ... 記事を読む

    思ったよりも手軽に使えるカードローン

    ローンと聞くと高額なお金の取引のようなイメージがあると思います。 利用方法もマイカーローンだと150万円の車を買いたいので銀行に150万円を借りる、借りるときも車の値段以上に借りたい等が出来ないシステムになっています。 これは当然です、貸す側も何に使うのかというのは重要な情報にな... 記事を読む

    ネット完結のキャッシングは申し込み前の情報把握が大切

    最近では、とても便利なキャッシングも登場しています。ある賃金業者のネット完結のキャッシングなどは、多くの方々が高く評価しています。来店する必要もありませんし、職場に対する電話確認なども不要になるからです。 それで上記のネット完結の融資商品に対しては、即日のニーズが生じる事もあります。何... 記事を読む

このページの先頭へ