オススメの銀行フリーローンはこちら

銀行がフリーローンの取り扱いを始めたワケとは

・銀行がフリーローンを始めたのは最近

銀行がフリーローンの取り扱いを始めたのはごく最近のことです。それまでは、ほぼ消費者金融の独壇場でした。

実は、銀行が最近になってフリーローンの取り扱いを始めたのには、貸金業法の改正がとても強く影響しています。「グレーゾーン金利」を違法と認定したこの法律の改正が、遠因とも言えます。

・銀行がフリーローンを始めた経緯

貸金業法はクレジット会社や消費者金融を取り締まっているのになぜ銀行が?と思われるかも知れません。貸金業法の改正で影響を受けたのは確かにこれらの会社です。グレーゾーン金利という高い金利が違法とされただけではなく、過去にその金利で貸していた場合、利息を返還する義務が生じました。

グレーゾーン金利で貸し付けていたのは、主に消費者金融です。会社規模が大きくない消費者金融は利益のほとんどを利息返還である「過払い金」返還で使い果たして業績が悪化しました。中には廃業する消費者金融もありました。

・銀行は消費者金融から学んだ

それを救ったのが銀行でした。消費者金融は、銀行の傘下に入る代わりに融資を受けて立ち直ったのです。

消費者金融の顧客はほとんどが個人でした。銀行は傘下に入った消費者金融から個人向け融資のノウハウと調査能力を手に入れて、フリーローン業務を開始出来たわけです。

このページの先頭へ